西御門サローネ
西御門サローネ HOME > アカデミア > 鎌倉の文学−古典から昭和文学まで−

授業名
鎌倉の文学−古典から昭和文学まで−
講師名 井上弘子(鎌倉文学館元学芸員)
日時
隔週木曜 13時〜15時
2008年10月9日 、10月23日、11月6日、11月20日、12月4日 (全5回)
まずは一度ご体験ください!
費用 ¥3,150(1回につき) ¥15,750(全5回コース)
定員 5名〜20名
授業内容 豊かな自然と歴史的遺産にはぐくまれた鎌倉の文学を紹介します。「万葉集」「金槐和歌集」「十六夜日記」などの古典作品、明治期以降の夏目漱石、芥川龍之介、高浜虚子、そしていわゆる「鎌倉文士」といわれる大佛次郎、川端康成ら多彩な作家を作品とともに紹介し、鎌倉の文学を概観します。
第1回テーマ
10月9日
古典文学と鎌倉
第2回テーマ
10月23日
明治文学と鎌倉
第3回テーマ
11月6日
大正文学と鎌倉
第4回テーマ
11月20日
昭和(戦前)文学と鎌倉
第5回テーマ
12月4日
昭和(戦後)文学と鎌倉
講師履歴 横浜生まれ、鎌倉育ち。東海大学卒業。
鎌倉市教育委員会職員となり、鎌倉市中央図書館を経て鎌倉文学館に16年間勤務。
鎌倉文学館では、高見順展、永井路子展、立原正秋展など多くの展覧会を企画・担当し、鎌倉文学館資料シリーズの編集・執筆を手がける。また、市内各所をめぐる文学散歩の講師を務める。
現在、文学館整備担当として市川市に勤務。(財)海音寺潮五郎記念館評議員。
お申込み
  • お申込みは、お電話、FAX、メールで。
    FAX申込み用紙ダウンロード
  • 受講料のお振込をもって申込みの完了とさせていただきます。
  • お問合せ:西御門サローネ事務局
    TEL:0467-23-7477
    FAX:0467-23-7437